<< はつ恋 榎田尤利 | main | 花の慟哭 夜光花 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

花の残像 夜光花

JUGEMテーマ:BL小説

 「巴の喜ぶことしてあげたい。君が楽しいこと、嬉しいこと、したかったこと全部をさせてやりたいよ。だから何でもいい。わがままを俺に言ってほしい」

「凍る月」シリーズのスピンオフ作品。獣人である須王と、餌である巴の物語です。
五歳のときから12年間、足枷をつけられ、鉄柵で囲まれた研究所で研究材料として生きてきた巴が、囚われの獣(須王)と出会い、須王は巴から力を得て自由になり、後に巴を研究所から救い出します。
力もあり、厳しさと優しさを併せ持つ須王が、小さな巴を一途に愛している姿がとてもいいです。
でも、「須王に殺されるなら本望だ」というほど須王に傾倒している者の裏切りを受け、巴は再び囚われの身に。
けなげで幸せ薄い巴が幸せになりますようにと祈らずにはいられない展開でした。

at 14:28, トモ, 夜光花

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 14:28, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。